日本が世界銀行から貸出を受けた31のプロジェクト

北陸電力 有峰水力発電

水力発電への貸出

北陸電力 有峰水力発電

建設中の北陸電力有峰ダム

1953年の最初の電力案件以降、世銀の日本に対する貸出はしばらく鉄鋼や造船などの重工業や農業の案件が続いていましたが、1958~59年、関西電力(黒部第四水力発電)、北陸電力(有峰水力発電)、中部電力(畑薙第一、第二水力発電)、電源開発(御母衣水力発電)と、相次いで電力案件への融資が調印されました。1953年の時との違いは、今回はすべてが水力発電だったということです。

1957年、視察のため来日した世銀のブラック総裁に対して池田勇人大蔵大臣は、電力、鉄鋼、運輸などの分野に世銀の融資を依頼しました。このブラック総裁の来日後、電力各社に対して世銀融資の希望調査が行われ、その結果、有峰を含む複数のプロジェクトが具体的な候補にあがったのです。

その後、世銀の調査団による現地調査、さらに追加的な説明資料で有峰開発計画の重要性がアピールされ、ついに1958年、北陸電力の交渉担当者であった金井北陸電力副社長が渡米し、ワシントンで世銀との交渉にあたりました。4月末から行われた交渉は6月中旬には具体的な条件の詰めを迎え、27日に調印されました。

北アルプス・立山連峰に端を発する富山県東部を流域とする常願寺川水系は水量が豊富で水力発電に適しています。北陸電力は、発足直後から水力開発を積極的に推進し、そのピークが1959年から1960年にかけて、この常願寺川の上中流で6か所の発電所を運転開始、1か所の発電所を出力増加した、有峰プロジェクトでした。このプロジェクトは、1956年に有峰ダム建設所を設置、1960年にコンクリート打込みを完了し、高さ140m、堤頂長500m、堤体積157万㎥の大規模な重力式コンクリートダムが完成しました。最盛期には全国から4,000人の工事従事者が集まり、1956年から1959年にかけては越冬して工事が進められ、北陸電力が社運をかけて取り組んだ有峰プロジェクトは、着工から約5年の歳月と、資本金50億円の時代に370億円を超える巨費を投じて進められた大工事でした。世界銀行がこのプロジェクトに融資した金額は2,500万ドル(約90億円)で、北陸電力にとってこの貸出により低金利の多額の資金を調達できたことは、有峰プロジェクトが成功裏に完了するうえでの重要な条件となりました。

世銀の貸出は、北陸電力の経営合理化と電力会社間の協力にも少なからず影響を与えました。世銀からの貸出を決めるに辺り北陸電力は、すでに契約締結の経験をもつ関西電力(1953年、多奈川火力発電所)から情報を得て世界銀行借款申込資料を作成したと記録にあります。また、世銀は貸出の条件として各電力会社に、内部留保の充実による資本構成の改善、広域運営による経営の合理化などを要求しました。このように世銀貸出は、電力会社の経営合理化を促進する役割を果たしたのです。

プロジェクトデータ

調印日:
1958年6月27日
受益企業:
北陸電力
対象事業:
有峰水力発電(261,000kW)
貸出額:
2500万米ドル

建設中の有峰ダム

建設中の有峰ダム

31プロジェクトホーム

本ウェブサイト作成に当たり、多くの企業、関係者の方々に資料提供他ご協力をいただきました。この場を借りてお礼申し上げます。