日本が世界銀行から貸出を受けた31のプロジェクト

日本道路公団 東名高速道路

最先端の道路技術の導入

東名高速道路

同じく世銀貸出で建設された東海道新幹線が東名高速道路を横切って走っていく様子

1962年12月、日米経済閣僚会議に出席した田中角栄大蔵大臣は、世銀に東名高速道路のうち、東京-静岡間プロジェクトに1億ドルの貸出を申し入れました。これに対し世銀は、産業投資道路外債2500万ドルおよび日本外債5000万ドルの発行を条件に、総額7500万ドルの貸出額を提示しました。1963年9月、道路案件としては3件目となる日本道路公団への貸出が調印されました。

日本政府と日本道路公団はさらに、豊川-小牧間78キロの建設資金にあてるため、建設資金5000万ドルの貸出を依頼し、1964年4月に調印されました。建設費、土地収用費、設計費、監督費、一般管理費および建設中の利子支払いを含めたプロジェクトの総コストは約1億7100万ドルと見積もられ、世銀の貸出はその3分の1近くを占めることになります。

翌年1965年には、さらに静岡-豊川間の建設に対して7500万ドルの貸出が調印されました。

1963年11月、東京-静岡間の工事が着工されました。しかし、コスト見積もりが当初の予定を上回り増加したため、日本政府と日本道路公団は追加貸出を依頼しました。これを受けて3年後の1966年7月、世銀はさらに1億ドルの追加貸出に調印しました。

このように、東名高速道路への貸出は4回にわたり、総額3億ドルにのぼりました。しかし日本道路公団に対する世銀貸出の貢献は資金面のみにとどまりません。世銀貸出を通じて、新技術の導入や企業体質の強化が実現したのです。世銀が貸出の条件とした外国人コンサルタントにより、「クロソイド曲線」、「透視図法」、「修景設計」など道路建設に関する最先端の技術が日本に導入されました。日本道路公団元常任参与で道路技術の第一人者である武部健一氏は、西ドイツから来日したアウトバーンの設計専門家ドルシュ氏からクロソイド曲線を学んだ一人です。武部氏は、クロソイドを使った流れるように美しい線形の魅力のとりことなったこと、また当時のドルシュ氏と道路公団の幾何構造設計の担当技術者の間の熱のこもったやり取りを、「私の高速国道建設史」(旬刊高速道路新聞 昭和58年10月5日)の中で振り返っています。

建設省から道路公団に出向し東名高速道路建設に技術者として携わられた岩間滋氏も、当時の世銀による技術導入について、「世銀は色々なおせっかいを言ってきたが、役に立ったものも多かった」と、語っています。

プロジェクトデータ

調印式:
1963年9月27日
受益企業:
日本道路公団(3次)
対象事業:
東京―静岡間高速道路
貸出額:
7500万米ドル

調印日:
1964年4月22日
受益企業:
日本道路公団(4次)
対象事業:
豊川―小牧間高速道路
貸出額:
5000万米ドル

調印日:
1965年5月26日
受益企業:
日本道路公団(5次)
対象事業:
静岡―豊川間高速道路
貸出額:
7500万米ドル

調印日:
1966年7月29日
受益企業:
日本道路公団(6次)
対象事業:
東京―静岡間高速道路
貸出額:
10000万米ドル

東名高速道路を横切る東海道新幹線

ワシントンで行われた第三次貸出調印式

第五次貸出調印式

31プロジェクトホーム

本ウェブサイト作成に当たり、多くの企業、関係者の方々に資料提供他ご協力をいただきました。この場を借りてお礼申し上げます。